トップページへ サイトマップ
ようこそ!ふじみ野市の「たなか歯科クリニック」WEBサイトへ
トップページ 院長ごあいさつ/ドクター紹介 医院のご案内・当院へのアクセスマップ 院内設備のご案内/院内感染防止対策について 診療プログラムについて 治療費用のご案内 スタッフ募集について
診療科目
一般歯科
小児歯科
痛みが少ない虫歯治療法 3MIX法
最新の虫歯治療法 3DS法
歯周病治療
歯科口腔外科
矯正治療
治療システムについて
矯正治療の種類について
矯正治療の費用について
当院で行なっている矯正症例
予防歯科
PMTC
フッ素コーティング
シーラント
口臭治療
審美歯科
ホワイトニング治療
ガムピーリング
白い被せ物/オールセラミック・クラウン
白い被せ物/メタルセラミック・クラウン
白い詰め物/ハイブリッドセラミック・インレー
ラミネート・ベニア
ノンクラスプ・デンチャー
ホワイトクラスプ・デンチャー
インプラント治療
インプラント治療について
従来の治療との比較
インプラント治療のながれについて
特殊手術と症例紹介
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)について
PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、簡単に説明すると、毎日の歯磨きでは落としきれない汚れを、歯科医院で専用の機器やクリーム(フッ素入りペーストやカルシウム補給剤)を使って徹底的にクリーニングすることです。

虫歯や歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。
最近になって、歯の表面に付着し時間の経ったプラークは、多種多様の細菌が複雑にからみあった「バイオフィルム」と呼ばれるスライム状の生物膜を形成することがわかってきました。

バイオフィルムを分かりやすくイメージすると、キッチンの流しやお風呂場の浴槽などに付着する"ヌルヌル"です。
このフィルムは1度形成されてしまうと、細菌が分泌する多糖体に守られ、歯面に強固に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができなくなります。

また異物の侵入を防ぐバリアの性質があるため、ぬり薬やうがい薬などの効果もきわめて限定的です。
歯ブラシの届きにくい部分に付着したバイオフィルムを除去する手段として、最も能率的かつ効果的な方法と考えられているのがPMTCです。

PMTCによりバイオフィルムが除去された歯面はフッ素やカルシウムが取り込まれ、再石灰化が促進されます。
またワックス効果により一定期間は汚れがつきにくく、落ちやすくなるため定期的にPMTCを受けられることにより歯や歯肉の健康を維持しやくなります。

PMTCには、虫歯・歯周病・口臭の予防、歯質強化などのほかに、歯の着色を除去し光沢のあるきれいな歯を保つなどの効果があり、1〜3ヶ月に1度の処置ををお勧めします。

フッ素による予防治療について
フッ素が虫歯予防に非常に有効であることは、WHO(世界保健機関)や世界の歯科学界で認められています。
フッ素は、歯の表面(エナメル質)のハイドロキシアパタイトと反応し、フルオロアパタイトという非常に安定した硬い結晶構造を形成します。

虫歯は、歯垢中の細菌が作り出した酸によって歯の表面が溶ける(脱灰する)ことから始まりますが、フッ素の作用したエナメル質(フルオロアパタイト)は、酸に対する抵抗力が非常に高く、簡単に溶かされることがありません。
また、すでに脱灰が始まってしまった部分(初期虫歯)に作用すると再石灰化を促進して、エナメル質の補修がなされます。
よってフッ素を適切に使うことによって、歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぐことができます。


フッ素がムシ歯予防に有効な時期は、

■歯(エナメル質)が顎の中で作られる時期
乳歯では母胎内にいる時期(妊娠前期)
永久歯では、妊娠後期から生後2〜3歳までの間

■歯が生えてから2〜3年までの間
14〜15歳(これらの時期は、フッ素がエナメル質に取り込まれやすく効果的にエナメル質が強化されます。)

フッ素によるムシ歯予防の方法は
  1. 全身的に用いる場合(歯が生えるまで)
    顎の骨の中でエナメル質が形成される時期に、飲食物からフッ素を摂取することにより強い歯を作ります。
    飲食物摂取は母子一体で考えます。フッ素を多く含んでいる食物は、魚介類、海藻類、緑茶、紅茶などです。
    番茶(緑茶の中でも番茶がフッ素含有率が高い)を毎日飲むことによってムシ歯予防の効果を確認したデータがあります。

  2. 局部的に用いる場合(歯が生えてから)
    歯が萌出して2〜3年までの歯は、まだエナメル質が十分に硬化していないので、この時期に歯面に直接フッ素を接触させて強い歯を作ります。
    その方法としては次のようなものがあります。
    • フッ素の塗布
      歯面に直接フッ素化合物を塗る。2%フッ化ナトリウムを年に2回程度。
    • フッ素洗口
      フッ素溶液を口に含んで1分間ぶくぶくうがいをする。毎日法は0.05%フッ化ナトリウム溶液、週1回法では0.2%フッ化ナトリム溶液を使用。
    • フッ素入り歯みがき剤
      毎日の歯みがきの時に用いる。
フッ素塗布を幼児期に1、2回行っただけで予防処置ができたと思うのは間違いで、後から出てくる部分については無防備な状態です。永久歯が生えそろう13歳頃まで、くり返し行うことが重要です。
シーラント治療について
シーラントとは、汚れのたまりやすい歯の溝を、むし歯になる前にフッ素を放出する歯科用樹脂で埋めてしまう虫歯予防法です。

特に奥歯の溝は深くて複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らず、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。
シーラントで歯の溝を塞ぐことにより、虫歯の発生を防ぐことが可能です。

乳歯や生えたての永久歯は石灰化が未熟で、虫歯になりやすいため、適正な時期に処置を行うことが重要です。
口臭治療について
朝起きたときに、口臭を強く感じるのは、夜眠っている間、だ液の分泌量が少なく、細菌が繁殖しているからです。
口の中がネバネバするのと原因は同じです。

細菌は、就寝中に繁殖します。
このため、起床時には口臭が強くなります。

朝、鏡で口の中を覗いたときに、舌の表面に白っぽいものが付いていませんか?
それは舌苔(ぜったい)とよばれる舌の汚れで、口臭の原因となります。
口臭の原因は、次の4つに大別されます。

@生理的口臭 誰もが持っているもので、通常はその程度が少ないため、ほとんど口臭とは認められません。
ただし、朝起きたときや空腹時、緊張したときなどは、口の中に細菌が繁殖していたり、唾液の分泌量が少なかったりするので、一時的に口が臭うことがあります。
A病的口臭 むし歯や歯周病など口の中の病気のほか、鼻の病気や胃潰瘍なども原因になります。
B飲食物・嗜好品 食品による一時的な口臭。ニンニクのように、臭いの強いものを食べたあとには、誰もがにおいます。
C心因性口臭 実際には、他人には臭わないのに、口臭を気にしすぎて、自分だけが口臭があると思い込んでいるもの。
口臭を防ぐには、まず口の中を清潔に保つこと。とくに舌をきれいにすることが大切です。

口臭の多くは、歯垢よりも舌の上やつけ根にたまった「舌苔」から発生するので、歯みがきの後に、舌をみがくと効果的です。

もちろん、病的口臭の場合は、その病気を治すことが第一です。
虫歯や歯周病などがある場合にはそれらの治療を行う必要があり、口臭治療は実際には、虫歯や歯周病の治療とほぼ同じということになります。
HOME院長ごあいさつ/ドクター紹介医院のご案内院内設備/院内感染防止対策診療プログラムプライバシーポリシースタッフ募集サイトマップ

一般歯科小児歯科矯正歯科口腔外科予防歯科審美歯科インプラント治療