トップページへ サイトマップ
ようこそ!ふじみ野市の「たなか歯科クリニック」WEBサイトへ
トップページ 院長ごあいさつ/ドクター紹介 医院のご案内・当院へのアクセスマップ 院内設備のご案内/院内感染防止対策について 診療プログラムについて 治療費用のご案内 スタッフ募集について
診療科目
一般歯科
小児歯科
痛みが少ない虫歯治療法 3MIX法
最新の虫歯治療法 3DS法
歯周病治療
歯科口腔外科
矯正治療
治療システムについて
矯正治療の種類について
矯正治療の費用について
当院で行なっている矯正症例
予防歯科
PMTC
フッ素コーティング
シーラント
口臭治療
審美歯科
ホワイトニング治療
ガムピーリング
白い被せ物/オールセラミック・クラウン
白い被せ物/メタルセラミック・クラウン
白い詰め物/ハイブリッドセラミック・インレー
ラミネート・ベニア
ノンクラスプ・デンチャー
ホワイトクラスプ・デンチャー
インプラント治療
インプラント治療について
従来の治療との比較
インプラント治療のながれについて
特殊手術と症例紹介
3Mix(薬剤混合法)

虫歯の治療では細菌に感染したエナメル質や象牙質を完全に削り取り、その部分に樹脂(レジン)や金属を詰めて修復していきます。虫歯が神経(歯髄)まで進んでしまっている場合は、やむをえず神経を取り除くことになります。

3Mix法は、「虫歯の原因が細菌感染であるならば、それに効く抗菌剤を虫歯に塗布し細菌を死滅(無菌化)させれば、歯を削らずに虫歯の進行を抑え、歯の持つ自己修復能力により、虫歯をもとの状態に戻す(再石灰化させる)ことができる。」という考えに基づいた治療法です。

当クリニックでは、虫歯(感染歯質)の完全除去を治療の原則としています。
3Mix法は3種類の抗菌剤(アスゾール、ミノマイシン、シプロキサンを一定の比率で混ぜ合わせたもの-3Mix)を使用するため、薬の副作用、アレルギー、耐性菌などの問題から慎重に行う必要があります。

よって当クリニックでは、

1.従来の治療法で神経を取らずにしっかり治せるケースには使用しない。

2.使用薬剤にアレルギーが無いことを確認できない場合には使用しない。

という2つの基準を設定し、原則として薬に対するアレルギーがない患者さまで、虫歯が神経の近くまで進んでいて、虫歯を完全に除去すると神経を取らなければならない可能性が高い場合にのみに適用しています。
この場合も可能な限り虫歯を除去し、神経に近い部分の虫歯だけをを残し、その虫歯に対し作用させる方法をとっています。

この治療法の最大の利点は、従来では神経を取らなければならない深い虫歯に対しても、神経を保存することができるという事です。

ただ、全てのケースで神経を残せるわけではありません。
強い自覚症状がある場合は、神経の広範囲が細菌に感染してしまっている場合が多く、この治療法をもってしても神経を残すことは出来ません。
また小さな虫歯では薬剤を塗布して、その上からセメントで完全に密閉させるためのスペースがないため適用できません。

  1. 歯の神経まで達するような深い虫歯(図の黒い部分)の場合、虫歯を完全に除去すると、歯髄が露出し神経を取らなければならない可能性が出てきます。

  2. 神経に近い虫歯(図の黒い部分)を残し、その他の虫歯(図の赤い部分)を完全に除去します。(薬剤の効果を最大限に発揮させるためには、混合した薬剤をセメントで完全に密封することが重要で、図の赤い部分の虫歯はきれいに削る必要があります。)

  3. 残した虫歯に3Mixを塗布し(図の黄色の部分)その上からセメント(図の青い部分)で完全に密封閉鎖し薬を浸透させます。

  4. 経過が良好であれば、インレーやレジンなどの詰め物(図の緑の部分)で最終修復(穴を埋める)を行います。
3DS(Dental Drug Delivery System)法
虫歯や歯周病は細菌による感染症です。その原因菌を薬により効果的に減少させ、虫歯や歯周病になるリスクを低くさせる方法として考え出されたのが3DS(歯科薬剤到達法)です。

3DSは、患者さまの歯列に合わせた樹脂製のマウスピースを作り、その内側に、虫歯菌や歯周病菌を殺菌するための抗菌剤を入れて歯にかぶせる方法で、マウスピースを用いることによって、薬が口の中に広がったり、唾液で薄まることがなく、効果的に薬を歯面に作用させ原因菌を殺菌することができます。

まず、唾液中の細菌の数を検査し、3DSが必要かどうかをチェックします。また、3DSを行った後の細菌数と比較をするための資料としての意味もあります。

治療は1週間以内に集中させ、クリニックでPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning:機械を使った徹底的な歯面清掃により、可能な限り歯面から細菌を除去します)の後、薬剤を入れたマウスピースを5分間装着します。これにより虫歯菌や歯周病菌が徹底的に殺菌されます。そしてさらにご自宅で、夜歯を磨いた後に抗菌剤をマウスピースに入れ、約5分間作様させます。これを1週間続けます。

1週間後に、再度クリニックでPMTCと薬剤を入れたマウスピースを5分間装着し、細菌を徹底的に除去して終了となります。
約2ヵ月後に唾液検査を行い、細菌数をチェックします。
効果が不十分と判定された場合には、もう一度同じ処置を繰り返します。

3DSによる予防効果は、4〜6ヶ月持続すると言われています。また3DSを行えば、歯磨きをしなくても良いというわけではありません。あくまでも虫歯や歯周病になるリスクを低くするための予防処置となります。


治療方法は、トレーに薬剤をいれて、5〜10分間くらい除菌・殺菌を行ないます。
医院だけでなく、ご家庭でも1日に1〜2回このトレーを使って行なってください。

1週間〜10日間ほどで、バイオフィルム中の虫歯菌がいなくなり、虫歯の再発を防ぎます。
HOME院長ごあいさつ/ドクター紹介医院のご案内院内設備/院内感染防止対策診療プログラムプライバシーポリシースタッフ募集サイトマップ

一般歯科小児歯科矯正歯科口腔外科予防歯科審美歯科インプラント治療